Arrow
Arrow
Slider

「古民家 箕輪の里」とは


ケヤキの大木に囲まれ、静かにたたずむ「古民家 箕輪の里」
 

 
 
 
室内は、和室2部屋(6畳・4畳)と洋間12畳(兼 パーティールーム)で、土間には囲炉裏、薪ストーブが置かれています。
和室の上部はガラスになっており、室内からモミジを眺めることができます。

 
 
 
庭は、樹齢300年になる槙の木や50年以上になるつつじがあり、中央は芝となっています。
春には川津桜やしだれ梅・つつじの花が咲き、ウグイスの鳴き声を聞くことができます。
秋にはケヤキ(10月下旬^11月上旬)、もみじ(11月下旬~12月上旬)が紅葉します。
四季折々の自然を楽しむことができます。

季節に咲きほこる花を楽しみながら芝生でお子様・お友達と遊び、室内では薪ストーブの炎を見ながらバーベキューを楽しむことができます。
 
 
 

「古民家 箕輪の里」の特徴
  • ブルーベリー園・タケノコ園・甘夏園・昆虫ドーム・ザリガニ釣りの施設を所有しており、これらのご利用は全て宿泊者限定です。
  • 農業体験は、クラブ制となっており「野菜づくり倶楽部」「お米づくり倶楽部」「果樹づくり倶楽部」があります。
    仲間づくりをしつつ農業体験ができます。

「古民家 箕輪の里」は大人、子供まで楽しめる施設体験宿ですので、是非一度お越しください。